2004年04月11日

■自衛隊の制服をデザインしよう!!

イスラム戦士軍団の人質解放声明文:

 
1、我々はイラクのイスラム聖職者協会の要求に従い、日本人人質3人を24時間以内に解放する。

 2、我々が解放を決定したのは、日本政府が必ずしも国民の意思を代表しているわけでなく、ブッシュ米大統領や、ブレア英首相の命令に従っただけだと判断したからだ。

 3、日本国民に対し、日本軍(自衛隊)がイラクから撤退するよう日本政府に圧力をかけることを求める。



本当によかった・・・。だがここではっきりさせなければいけない。別に小泉政権に個人的な恨みは無いが人質の開放は政府の政策のおかげではないという事。むしろ そもそもことの発端は政府の政策のおかげだ。

なぜかというと声明文を読む限りこれはアルジャジーラに寄せられた多くのメールや各団体の声明文の影響があったと見るのが妥当だからだ。又、今までイラクを始めとしたこの地域で人道的支援活動を行なってきた人々の名声や信頼関係が無くては同じ結果にはならなかったはずだ。

その活動をしにくい状況にする自衛隊派遣。

政府はこう言った「我々は人道的支援をしに行っている、自衛隊を撤退させる理由は無い」と。でもこの発言の意味がない事、イスラム戦士軍団の声明文の内容からもわかるはず。彼らも無意味な殺しは避けたがっている。

何が悪いの?

実は高校のウェブ・ページである子が、(自衛隊の制服が)「なぜ迷彩服でないといけないのか?」という単純な疑問を投げかけた。俺も同じことを思う。あの迷彩服だと挑発してるとしか思えん、一応軍隊でないんだし。

そこで、私達が自衛隊の制服をデザインしちゃいましょう

暴力の悪循環を断ち切るには時としてこのようなユーモアなセンスが必要だ、そして平和憲法のある日本の自衛隊はこの暴力に対する戦いの先陣に立ってもらいましょう!

条件:人道的支援に合うような、人をまったく挑発しないデザインやアイディアならなんでも。


下記↓のメールに意見やデザイン募集します!!もちろん写真でもいいですよ。メモリーは小さめでよろしく、なんてたってホットメールなんで(自慢げ)

seifukudesign@hotmail.com

実際反応があるかわからないので、締め切り無制限ということで(笑)お待ちしてます。

送ってくれたらここで紹介しますね。


posted by とうごサン at 15:01| ロンドン | Comment(10) | TrackBack(8) | 迷彩服を脱ぎ捨てろノ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。