2005年01月14日

■愛の波

本来なら「明けましておめでとう」とここで記事をアップするつもりではいましたが津波の被害にあってしまった人々のことを考えるとこの場では言葉に詰まってしまいできませんでした。今いる大学の多くの学生はアジア太平洋諸国出身で家族が被害にあった友達も多くいます。スリランカに行っていたドイツ人の友達が無事ドイツに帰国をしたと聞きとりあえず一安心はしましたが未だ連絡が取れていない友達もいます。

初めて報道を聞いたときは多くの人と同じように唖然とするばかりで、ひたすら増え続ける死者・被害者の数に心を痛めました。しかしそれ以上に心を痛めたのが本来被害が最小限に抑えられたにもかかわらずそれができなかったと言うことです。

前にも言いましたが被害を最も受けるのはいつも弱い者たちばかりです。情報社会と言われながらその情報が平等に行き届いていない現実がこんなにも悲しい形で証明されてしまったのです。また津波の警報を受け取りながらそれを伝えなかった人々の責任は重大であるけれどもそれは自分とて同じことだと思いました。私たちの認識が足りないのです。

私たちは何も見えていない。世界がいかに不平等か見ようとしていない。だからこそ情報を持っていても、それを伝えるということを怠るのです。

今自分がいる大学では今回の被害を受けウェブを立ち上げるなどの活動をしています。


愛の波


まずは世界という舞台で自分がどこに位置づけられているのかを認識しそして行動を起こす、それが私たち一人一人に必要な事なのではないでしょうか。そしていかに悲しい出来事があろうとも行動をもって笑顔に変える  私はそうしたいと心から願うのです。


posted by とうごサン at 17:23| 大分 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 何でもニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とうご、久しぶり!
久しぶりに訪れてみたら、急に書き込みたくなるような発言をみてしまいました。

なんかさ、本当に、日本という国の中にいるだけではなかなか「世界という舞台で自分がどこに位置づけられているのか」を認識することって難しいよな、って最近つくづく思うのだ。
しかし、もっと多くの人に認識してもらうことが、平和への第一歩ではないかと思って、そのためには何が必要なのか、って思考をめぐらせている。

私も、こっちでの生活も、vivaのみとなって、だいぶ落ち着いてきました。
このvivaの日程がまだわからなくて、曲者なのだが。
帰ったら、本気で九州行脚したい。
資金ができたら行くぞ。
Posted by mariko at 2005年01月31日 22:11
トウゴ君はじめまして。
本当は初めてではないけれどもここに来たのは初めてなのでやっぱり初めましてだな!

この記事にコメントするけど意味はなくてトウゴの目にとまるように最新の記事だから書き込むだけだからな(笑)

ここ最近はいろんな意味で世話になりっぱなしで、しかも出張やらでナカナカ電話する間もなくて飯も酒も一緒に喰らってないけど(笑)、今度家に遊びに来いよ!!
うちの嫁さんが会いたがってるし、娘に英語教えて欲しかったりするし(笑)のんびり我が家で飯でも喰いながらお話しようぜ〜。

誰かわかったらメールくれな(笑)
Posted by マルボロマン at 2005年05月24日 20:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック