2004年05月12日

■ダラムサラの彼

Dharamsala

ダラムサラはアッパーupperとロアーlowerに分かれる。写真はダライラマ法王が暮らすマクロード・ガンジー(アッパー)の中心地だ。マクロードは旅行者目当ての店が集まる小さな町だが、ロアーと常に行き来するジープやオート・リキシャで中心地はいつも混雑している。

ここに一人の酔っ払い浮浪者がいる。たぶんチベット人であろう彼は3年前とほぼ同じ格好で行く人々にちょっかいを出している。最後にあったときから一度も洗っていないだろう彼の顔には瘡蓋ができており、血が滲み出ている。その容姿からも近寄りがたい彼ではあるが今回ちょっとしたエピソードがあった。


ダラムサラに着いて数日経過して歯茎が疼き始め、仕舞いには瘤取り爺さんみたいに頬っぺたが腫上がってしまったのだ。「こんな所で虫歯かよ!?」と最初は思ったがどうも歯茎の傷から細菌が入り込んで腫れただけでとりあえず一安心。薬を摂りこの日も残り少ないダラムサラを楽しむため町へと向かった。

かなり面白い顔ではあったが、行く先々で知り合いや、知り合いでもない人々にも心配されアドバイスをしてくれた。そんな中、意外な人物にも心配されたのだ。そう、唇のまわりは明らかにこんなコブよりも痛々しい瘡蓋があって普段は酔っ払っている彼。彼は「アッレー」と言い、首をかしげ覗き込み、チベット語で「布をお湯で温めてそれを当てるといい」と一生懸命教えてくれた。

日本にもイギリスにも浮浪者はいる。ただ、インドの場合浮浪者はまだ社会の一部としてアクティブに受け入れられている、そんな雰囲気が残っている。これはインドがけっして経済的に裕福ではないというのが関係しているが、文明社会の影の存在として扱われている彼らとそうでない彼ら、どっちが幸せか正直わからない。

ダラムサラの彼と一時的にだけでも言葉を交わし理解しあえた事で、自分の世界に一人の生きている人間として彼が現れ根を下ろした。知らず知らず排他的になっていた自分の姿を見、反省し、また一言でもいいから言葉を交わすと言う事の大切さを再度認識した。


posted by とうごサン at 04:24| ロンドン ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | India | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
歯痛は結構つらいよね。本日まで歯痛で苦しんでたのでよくわかります(…憂鬱の原因でした)。

「ダラムサラの彼」の言葉は、今日歯医者で言われたばかりです。西洋医学でも正しいのかな?

以前、街中で具合が悪くなった時に浮浪者の方に助けていただいたことを思い出しました。あの方は今どうされているのだろう?
Posted by Ayako at 2004年05月12日 06:30
昨日はびっくりしましたよ。ほんとうに笑えない事態なんですもん。とりあえず応急処置で何とか普段どうりになればいいですね。

チベット人は皆同じことを言ってくれましたよ。おそらくこのような知識は様々な経験からきてるもので同じ結論に達してもおかしくないですよね。ダラムサラでは他にも聖水をくれたり、ダライラマ法王の丸薬などを分けてくれました。ありがたいですよね、ここまで気を使ってもらえると。
Posted by とうごサン at 2004年05月12日 22:29
読んだ俺もびっくりです。(とーごさんの歯のことです。)でも、大事に到らなかったようで一安心です。無事でなにより!またいろいろな経験ができたね。俺は変な癖があって、ホームレスの人を見ると無性に話したくなる。延々と同じ話しを繰り返す傾向が多いけど、いろいろなことを知ってる。残飯の状況から彼らなりに経済分析したりしてるし。学生時代就職活動中に横浜であったおっちゃんは、「にーちゃん。今日本は相当景気悪いで。残飯の質が落ちたからな。」って言ってた。
ただ、話しをし終わった後、自分が同じ人間として同じレベルで彼らと話せたか思い返してみる。まあ、そういう反省をしている時点でまだまだなんだろうなあ。
Posted by Rodgers' at 2004年05月17日 17:08
ロジャーズさんお久しぶり。歯茎は完全復活ですよ、ご心配かけました。

残飯の話で思い出したけど、一度コンビニの期限切れ弁当をもらった事がある。といっても数時間しか期限はすぎてなくてモノ的には問題ないやつ。あれはもったいなくってしょうがない。コンビニ会社は訴訟起こされたらかなわないからそうしてるんだろうけど、毎日どれぐらいの食料が無駄に捨てられてるんだろうか。貧困で飢える人々が大勢いる国から食料を輸入している時点でモラルが問われるべきなのに、それを期限が数時間過ぎただけで捨てる今のシステム・・・自分もそのシステムを利用してるからでかいことは言えないけど。「食中毒になっても訴えませんよ」というプラカードぶら下げてたら分けてくれるのだろうかね?もしくは、人間が食べれないのならせめて動物の餌にはならないものだろうか?と思ってしまう。どっちも無理だろうなぁ。

Posted by とうごサン at 2004年05月19日 13:18
Posted by at 2005年03月07日 16:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック