2004年06月17日

■Norway,norway...

Hello hello! from sunny Mundheim
Today we are going to leave to take a break from all the hard & physical work and going to northern Norway, for few days. heyho!


Norway2

this is Peders house where i sleep. you can also see the island

Norway

and this is taken just outside the house looking at one of the fields.


posted by とうごサン at 17:18| ロンドン ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | Norway | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月07日

■Norway

Greetings from Norway!! (forgive me. I have to write in English, cant type Japanese in this PC)

Well, here i am in the great land of the north, working my butts off everyday, thinking "there is so much in the world, and yet so calm and quite."
It feels as if im breathing, eating, and sleeping as a part of the nature, just like the birds and the COWS!!:)
Anyway, im having a great time here and wish many of those who are reading this can also experience the same thing sometimes in the future.
will be updating some pictures soon, though thats totally up to the weather (if its raining theres not much of a thing to do, just like now) Nevertheless you can look forward to that . Wish you all good luck with whatever you are doing.

bye for now. gonna milk the COWS!!!

chao
posted by とうごサン at 20:37| ロンドン | Comment(6) | TrackBack(0) | Norway | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月01日

■我ふと思う

徹夜は嫌い、でも前世は違う星の住人だったらしく一日30時間というのがこの体にとって一番よろしいみたいです。地球の回転に逆らい、木や高層ビルと共に日々風に向かって突き進んでいるというわけです。

即身仏について考えました。暗闇の中、自ら死へと追い込むその志に時代を超え心動かされます。彼らが求めていたのは真実かそれとも真理か・・・。しかし私にとってその違いはあまり重要ではありません。宗教を持たない人間としてその違いを見極める事は現段階では不可能なのではないかとも思っています。

数学の証明も少しずつ解いていく過程がなければ答え自体に意味がないのです。そして私は探求するというその志が現代社会に少しかけているのではないかと思うのです。地球の回転に逆らい、木や高層ビルと共に日々風に向かって突き進んでいるというわけです。

自分という人間が望む人間と本当の自分は常に変動しています。二つが交ざる「点」はぼやけているのです。まるで乱視と近視が合わさったかのように。人間というものがそもそも不幸な生き物なのか、それとも自分だけなのか。

常に何かを恐れ怯えているようでもあります。暗闇にではありません、焦点が合った時に見えるモノ、それが作り出す世界を見ることを怖がっているのかもしれません。

人の心の変化には限りはなく
そのはたらきにも限りがない

汚れた心からは、汚れた世界が現れ
清らかな心からは、清らかな世界が現れる


この言葉に触れると私の心はザワメキ、点をかするのです。侵されているのかもしれません。ただの寂しがりやなのかもしれません。地球の回転に逆らい、木や高層ビルと共に日々風に向かって突き進んでイナイのかもしれません。

これには続きがあります。

汚れた心からは、汚れた世界が現れ
清らかな心からは、清らかな世界が現れるから

外界の変化にも限りはない



点はかするから価値があるのです。やはり侵されているのかもしれません。私は自分の醜い部分も、他人の醜いと思われる部分もひっくるめて、それでも清らかな世界を信じ願い続けるのです。そして他人もそう思えるよう、争いごとの少ない世界を夢見るのです。

地球の回転に逆らわず、木を育てビルを建て、そしてひたすら歩くのです。


これが自分の探求なのです。
posted by とうごサン at 13:41| ロンドン ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。